あらたになると云事。

新に成とは、敵我戦ふ時、

もつるゝ心になつて、はかゆかざる時、

我が気を振捨て、物毎を新らしくはじむる心に思ひて、其拍子を受け勝をわきまゆる所也。

新に成る事は、何時も敵と我れきしむ心になると思はば、

其儘心を替て、各別の利を以て勝つべき也。

大分の兵法におゐても、新に成ると云所わきまゆる事肝要也。

兵法の智力にては、忽ち見ゆる所也。

能々吟味あるべし。